いまの施策のおさらい ~「第4次清瀬市長期総合計画」編~


さて、先日の続きです。

『いまの施策のおさらい ~「清瀬市まち・ひと・しごと・創生総合戦略」編~』

として先にご紹介したものは、実は、

”清瀬市長期総合計画や各種の個別計画等との整合を図りながら、今後5年間の取り組みについてまとめたもの”

でした(pdfの1頁目)。

清瀬市長期総合計画が最上位計画であるのに対し、短期の「早急に対応するべき優先度の高い施策を位置づける」ものがあの「創生総合戦略」であるという建て付けでした。ということで、今回は、この「長期総合計画」を取り上げたいと思います。これです。

第4次清瀬市長期総合計画 基本構想(平成28~37年度)

このページに「位置付け」が書かれているので、引用してみます。

“清瀬市におけるまちづくりの最上位に位置づけられる計画です。
行政が実施する内容だけを描くのではなく、地域全体で共有できるよう、役割分担を明示しながら市がめざすべき将来像をみんなで実現するための計画です。”

市民が主体となり民主的に市政を実現してゆこうとする姿勢が伺え、好感が持てます。
さて、肝腎の中身ですが、当然、先の「創生総合戦略」の内容と相反するものではありません。
ただ、では方向性が同じものかと聞かれると、単純にそうだとも言い難い気がします。

「長期総合計画」は、各種の人口増加施策に加え、高齢者の支援、医療体制の整備、農業の振興、など総花的な政策が掲げられています。

 

  • 将来像1 安全でうるおいのある暮らしができるまち(「暮らし」の分野)

施策111 防災体制の充実・強化
施策112 防犯体制の充実・強化
施策113 暮らしの相談体制の充実
施策121 市民活動の支援
施策122 生涯学習活動の支援
施策123 文化・芸術・スポーツ活動の支援
施策124 郷土文化の保全・継承
施策131 人権尊重・平和の推進
施策132 男女平等社会の推進

 

  • 将来像2 健幸でともに支え合うまち(「支え合い」の分野)

施策211 高齢者の支援
施策212 障害者・障害児の支援
施策213 生活の安定の確保及び自立・就労支援
施策214 社会保険の安定的運営
施策221 健幸づくりの支援
施策222 医療体制の整備

  • 将来像3 子どもたちを健やかに育むまち(「人づくり」の分野)

施策311 母子の健康づくりの支援
施策312 子育ての支援
施策321 「生きる力」「考える力」を育む学校教育
施策322 地域連携による学校教育
施策331 青少年の健全育成
施策332 誕生から就労に至るまでの総合的な相談体制の整備

 

  • 将来像4 豊かな自然と調和した住みやすく活気あるまち(「基盤づくり」の分野)

施策411 適切な土地利用の推進と住環境の整備
施策412 道路ネットワークと交通環境の整備
施策413 汚水・雨水の処理
施策414 公園の整備
施策421 自然環境の保全
施策422 ごみ減量化・再資源化の推進
施策423 生活環境の保全
施策431 農業の振興
施策432 商工業の振興

 

  • 将来像5 都市格が高いまち(「しくみづくり」の分野)

施策511 地域コミュニティの活性化
施策512 協働によるまちづくりの推進
施策513 行政情報の積極的な公開・共有
施策521 職員の育成強化
施策522 組織の強化と業務変革の推進
施策531 持続可能な財政運営
施策532 長期的視点に立った公共施設等の維持・活用
施策533 広域行政
施策541 経営資源を戦略的に配分

 

対するに「創生総合戦略」のほうでは、目標が、良くも悪くも「定住人口の増加」すなわち、

”「20代後半から30代の子育て世代が清瀬に暮らし続け、結婚・出産・子育ての希望が叶えられるまちづくり」を目指すべき将来の方向として位置づけること”

に絞られている感があります。
政策は、いろんなものを掲げれば良いというものではなく、何としてもこれだけは達成しなければ、という目標を持つことが大切だと思います。
その意味で、明確な目標を設定した「創生総合戦略」は評価できます。ただし、目標が片寄りすぎると他が疎かになる懸念もあります。
兼ね合いが難しいところですが、まさにその点は市民がなにを望んでいるか、それを上手く共有化・可視化させ羅針盤とすることによって舵取りを行えるのが理想と言えます。

 

さて、現状の政策については、ここまでです。次回以降は、理想の政策について考えてゆきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です