「子どもの未来フェスタinきよせ」に来てね!

子どもたちのいのちが輝く清瀬にしましょうよ!
右からも左からも大人も子どもも寄っといで!
一緒に歩こう、一緒に遊ぼう!待ってるよ!
主催:子どもの未来フェスタinきよせ実行委員会

2018年4月22日(日)
午前
アピールウオーク  10時清瀬市役所集合10時半出発
コース:市役所~けやき通り~西友横~新小金井街道~第10小前~ころぽっくるセンター
参加者みんなで交流します。
午後
子どもと一緒に楽しもう!
アニメーション「くもとちゅうりっぷ」「つるにのって」「戦争のつくり方」
爆笑ライブ「縄文人」=替え歌芸人 たとえば♪カニじゃないのよタラバは♪
            縄文人の歌を聴くと賢くなれるかも?

子どもの未来フェスタin清瀬

安倍9条改憲NO!3000万署名とこれからの行動予定。

安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名
http://kaikenno.com/?p=255

これからの予定
12月25日(月)18:00-事務局会議 平労会館
             3000万署名を清瀬で2万筆集めるための相談確認

2018年
1月20日(土)10:00-11:00旭が丘にて宣伝行動と署名集め
           集合→9:45 旭が丘バス停
           13:30-事務局会議 平労会館
1月28日(日)0:30-市民連合きよせ新年会 平労会館
               詳細はのちほど。予定空けておいてください。
2月24日(土)午後 映画「思いやりパート2」上映 コロポックルホール

http://www.jicl.jp/hitokoto/backnumber/20170717.html

2017年10月1日「選挙で変えよう!清瀬市民連合(仮称)」結成集会

ここ数日のうちに、衆議院の解散総選挙が現実味を帯びてきたため、急きょ日程を繰り上げ、清瀬市民連合の結成集会を10月1日に行うことになりました。

————————————————————

● 「選挙で変えよう!清瀬市民連合」(仮称) 結成集会

2017年10月1日(日) 10時~ 「選挙で変えよう!清瀬市民連合(仮称)」 結成集会

 場所: アイレック男女共同参画センター(アミュービル4階) 第一・第二会議室

 内容(予定):
  ・正式名称を定め、仮称をとる
  ・呼びかけ人の方々に夫々の想いを語って戴く(各3分程度)
  ・賛同者を募る、その案文の確認
  ・全戸配布するチラシ案の確認
  ・情報共有・連絡手段としてメーリングリストに登録することの承認を得る

————————————————————

清瀬市民連合の結成にかかる経過については、今後、このページに書き継いでゆく予定です。

民進党市議会議員への申し入れ書

戦争法廃止きよせ市民の会では、今回、民進党代表選が行われるにあたり、民進党あてに以下の要請文を纏めました。
東京20区内の民進党市議会議員および竹田光明氏(東京20区総支部長)宛てに郵送します。


衆議院東京20区、民進党 市議会議員
          様

2017年8月28日
戦争法廃止きよせ市民の会
事務局担当 小野塚洋行
電話番号 080 3094 0219

 

野党共闘へのお願い

 日頃からの地域市民の安全、安心と平和の日本建設へのご努力に心から敬意を表明いたします。

私たちは新安保法制(戦争法)の採択阻止を目指して清瀬市民有志が2015年夏に設立した市民団体です。新安保法制成立後もこれの廃止に向け活動を継続しています。昨今は来年12月までに行われる衆議院議員選挙に活動の軸足を向けてきています。

この衆議院議員選挙で私たちの望むべき最重要課題が「野党と市民の共闘」であることは明らかなことです。

この時期、民進党では新たなる党首の選挙が行われようとしています。私たち戦争法廃止きよせ市民の会は、どなたが党首になられても「野党と市民の共闘」が引き続き守られることを民進党に求めるものです。

昨年の参議院選挙、新潟知事選挙、都議会選挙、仙台市長選挙など野党共闘の必要性は今更ここに述べるまでもありません。「野党と市民の共闘」こそ来るべき衆院選挙で安倍自公政権を退陣に追い込む結果を出せると考えます。

市議会議員の皆様はもとより党員、支持者の方々の賢明なる判断を切に期待するものです。

なお、私たち市民グループとしても野党連合や一般市民に向けた積極的な取り組みをしてゆく決意を固めています。これからも安倍自公政権退陣のためにともに奮闘していきましょう。

 

以上

2017.08.27 事務局会議の概要報告

2017.08.27 14:00-16:40 きよせ市民の会事務局会議 於:平労会館 10名参加

1 「選挙で変えよう清瀬市民連合(仮称)」の立ち上げについて

1-1 呼びかけ人になって戴く依頼文の案

・清瀬市在住の知識人、文化人(学者、元校長、宗教者、芸術家、等)に声をかけ、呼びかけ人になってもらう
・それだけでは小さな纏まりにしかならないのでは? 他のグループの代表にも入ってもらい枠を膨らませたい
・無党派で、いままで運動に係わって来なかったような方々に入ってもらいたい

・過去、清瀬に居住されていた是枝監督はどうか?
・清瀬市在住の知識人としては、塩見孝也さんは?
・次回の事務局会議(9/16)までに候補者を探すor声をかける

・まずは「選挙で変えよう清瀬市民連合(仮称)準備会」を用意して、そこから呼びかけ人を募る形式となる
(ここが取り急ぎ必要で、依頼文の案はそこで確定させる)

・「自由と平和のための京大有志の会」が出した「声明書」のような文章が望ましい
(以下のURLで全文が読めます)
http://www.kyotounivfreedom.com/manifesto/

(その他)
・東久留米では、一般の東久留米市民へ、その活動を伝える手段はどのように行っている?

1-2 清瀬市民の皆さんへの呼びかけ文の案(とりあえず東久留米を参考に)

2 「戦争法廃止きよせ市民の会」を、どのように継続してゆくか

・「戦争法廃止きよせ市民の会」は継続しつつ「選挙で変えよう清瀬市民連合(仮称)」を立ち上げる方向で考えたい
・両方を掛け持ちで活動するのは難しい(しんどい)のでは?
・「きよせ市民の会」の全員が「清瀬市民連合」の活動に加わるわけではなく、その一部が活動に加われば良い
他のグループも、そのような形で加わって戴くイメージである
・「清瀬市民連合」は選挙のための会であり時限的なものとなる

3 今後の予定

・次回のスタンディング 9/16(土)11:00-12:00
チラシの内容を、どうする?

・次回の事務局会議 9/16(土)13:30- 於:平労会館

・9/17(日) 東久留米で憲法学習会あり(詳細は後ほどMLで流します)

4 その他

(活動資金の確保と自主上映会の企画案)
・「思いやり2」 の自主上映はどうか?
・「9条を抱きしめて」 はどうか? 清瀬市民連合の呼びかけ人による講演も併せて実施できるとよい
(以下のURLでPR版を観ることができます)

・「この世界の片隅に」
8/18の清瀬けやきホールでの上映会の入場者は800名だった
(配給会社からも協力的な応答を貰っており、今後、市民の会にて自主上映も検討したい)

(民進党の代表選に対して)
・民進党の代表選で前原さんが選出されれば野党共闘の枠組みそのものが危うい状況である
代表が誰になるにしても「これまでの野党共闘を前進させよ」という要望書をへ出すべきでは?
誰が代表者に選出されるにせよ「いままでの野党共闘の路線を堅持してもらいたい」という内容で。
(民進党の5市の市議会議員へ「きよせ市民の会」として出す方向で)

以上です。

2017年7月9日 緊急デモのお知らせ

安倍政権に退陣を求める緊急デモ
2017年7月9日 日曜日
新宿中央公園水の広場
集合時間:17:00 出発時間:17:30
呼びかけ:#安倍政権に退陣を求める緊急デモ 実行委員会

※詳細はこちら http://marchfortruth.jp/index.html

道徳教科書展示のお知らせとお願い

清瀬・憲法九条を守る会の福田三津夫です。
来年度から小学校で道徳が教科になります。私は、道徳教科化は戦前への回帰ではないかと、反対する請願を清瀬市議会に提出したことがありましたが、残念ながら不採択でした。
現在市内の図書館で、道徳の教科書の展示会が開催されています。今回は育鵬社・自由社の教科書はありませんが、国家主義的な色彩が濃い教育出版が展示されています。あろうことか安倍首相の写真が掲載されていたり、2年生に日の丸・君が代を国旗・国歌と教え込むような内容に対して危惧しています。いずれにしても教科書展示会に参加され、率直な感想を書いていただけたらと思います。
なお、私のブログに道徳の教科書について書いていますので、ご笑覧ください。http://blog.goo.ne.jp/engekikyoikuron

【平成30年度清瀬市立小学校使用教科用図書「特別の教科 道徳」の教科書見本本を展示します】
 平成30年度から小学校で使用される「特別の教科 道徳」の教科書見本本を、市内の中央図書館と竹丘図書館に展示いたします。ぜひこの機会に、教科書の見本本を御覧ください。
 なお、展示会場には感想用紙を用意しています。御覧いただいた感想をお寄せください。
 展示期間と時間は次のとおりです。
□ 展示期間
  平成29年6月16日(金曜日)~平成29年7月14日(金曜日)

□ 展示時間
 <中央図書館>
   火曜日、金曜日~日曜日 10時~17時
   水曜日、木曜日     10時~19時
 <竹丘図書館>
   火曜日、木曜日、金曜日~日曜日 10時~17時
   木曜日             10時~19時
※ 月曜日は両館とも休館日につき、展示もお休みとなります。       
※ 会場へお越しの際は、お車での御来場は御遠慮ください。
  公共交通機関をご利用ください。

共謀罪の採決に反対する行動の呼びかけ

早ければ来週の金曜日(4月28日)にも共謀罪(テロ等準備罪)法案が採決されそうな状況にあります。
戦前、成り行きに任せていたが為に急速に息苦しい社会に変貌し、泥沼の戦争への突入していったことを教訓とし、いまこそ明確な意思表示として、法案成立に反対する声を国会へ届けましょう。

4/25(火)12時~13時
衆議院議員会館前

4/27(木)18:30~
衆議院議員会館前

5/ 3(水・祝)憲法集会
有明防災公園
http://kenpou2017.jp/information/0503/
清瀬駅10:30集合で行きます。小野塚さんが市民の会の旗を持って立っています。
総がかり目標10万人です!
是非、ご一緒に。

5/ 9(火)12時~
衆議院議員会館
13:30~院内集会
衆議院議員会館 会議室

できる所で参加して下さい。乗る電車等の詳細は順次お知らせします。

なお、上記の他に勉強会や集会など、全国で様々なイベントが企画されています。以下のサイトに沢山掲載されていますので、みなさんのお住まいの近くでも、やっているかもしれません、参加されてみては如何でしょうか。

【共謀罪反対イベント情報一覧】サイト
http://netarob.wixsite.com/himitsu-kyobou/blank-2

 
 
 
 

補足情報:

以下のサイトでは、衆議院法務委員会の傍聴の案内と、前日までに連絡すれば傍聴の便宜を図ってくれるようです。

https://www.kyobozaino.com/%E5%82%8D%E8%81%B4%E6%A1%88%E5%86%85/
●傍聴のご案内:共謀罪反対で頑張る野党議員との連帯をこめて、また与党に市民の共謀罪廃案の熱意を示すために衆議院法務委員会の傍聴をしましょう。
●衆議院法務委員会は、火曜、水曜、金曜と3日間開かれます。
●傍聴を希望される方は、法務委員会前日の24時までに下記携帯にお電話をください。

とのことです。詳細は上記サイトでご確認ください。

なお、一般的な衆議院の本会議や委員会の傍聴に関しては、以下のとおりとなっています。

【衆議院】ホームページ内の「傍聴の案内」ページ
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/tetuzuki/bouchou.htm

ドキュメンタリー「シェーナウの想い」

おはようございます。事務局のHです。
先日、清瀬けやきホールにて、「なくそう原発 清瀬の会」さん主催のイベントがあり、他の事務局メンバーも何名か行かれたようですが、私は参加できなかったので、「シェーナウの想い」だけ、ユーチューブで観させてもらいました。これはその感想です。

2008年製作のドイツ映画で、日本語字幕が付いています。ドイツの小さなシェーナウという市の住民グループが、チェルノブイリの原発事故をきっかけに、自分たちで脱原発を実践しようと、電力供給会社を立ち上げるまでの軌跡が描かれています。

なんとも夢のような話ですが、実話です。どうしてシェーナウではこんなことが出来たのか。以下は私の勝手な成功要因の分析です。

・他の街よりも、より危機感を持った住民が何名か居た
 これは、たまたま、かもしれません。シェーナウでは起き、他の同じような市では起きなかった。

・小さな街だった
 シェーナウは人口2500人ほどの小さな街で、住人のほとんどはお互いが顔見知りだったようです。

・スモールスタートで始めた
 最初は、食べ物の安全性など現状をみんなに知ってもらおうということで「情報スタンド」というのを始めますが、他の住民からはいぶかしげに見られたそうです。そのあと、チェルノブイリの子供たちへの支援や、「反対するだけでなく、前向きなこともしていこう」ということで「節電をしよう」キャンペーンを始めるなど、実際の行動を続けてゆきます。

その他、ドイツ人は根が真面目だから、とか、他の要因もあるかもしれません。
もし、この映画をご覧になった方が居られましたら、是非、この記事のコメント欄へ、ご感想をお聞かせください。

きよせ市民の会では、3月18日に「太陽の蓋」の自主上映会を行います。「シェーナウの想い」とは全くアプローチが異なりますが、これからの電力、エネルギー政策、未来を考えるうえで、どちらの映画も必見だと思っています。