【声】失われゆく沖縄の自然 〜辺野古の海・高江の森〜写真展


写真展
失われゆく沖縄の自然
〜辺野古の海・高江の森〜

2017年6月12日〜18日の写真展の期間中、小学生から高齢者まで男女45人の方々に感想や意見をお寄せ戴きました。以下に、原文のまま内容別に分類して紹介させて戴きます。(分類タイトルは仮のものです)

観客からのメッセージ

■美しい沖縄

  • びっくりしました
  • きれいだね とてもすてき…
  • いきものがいっぱいいる「うみ」だいすきだよ。
  • きれいでした。♡ありがとう。
  • 沖縄がこんなに美しいところだなんて知りませんでした。
  • 生き物の力はすごいと思った。沖縄は美しい
  • 私はまだ沖縄に行ったことがありません。この目でこの自然を見たい 何としても残したい

■残したい・守りたい

  • このかけがえのない沖縄の自然を大切にしたい!! こんなにも美しい!!
  • 沖縄の自然遺産に賛成です! きれいな海のこしたいです!
  • 沖縄の自然守る
  • この美しい海を壊してはいけない。いつかこの美しい海を見に行きたい。
  • わたしたちの海はそのままにしておいて!
  • 沖縄でダイビングしました とってもきれい この自然を残したい 軍事は平和は守れない!!
  • この美しい自然 神様からの贈り物 軍事基地建設は神、人類への大いなる冒涜なり
  • こわした自然はもどりませんよ.
  • 自然はこわれたらもどりません 小さい声もたくさん集めて 大きな力に
  • 自然を破壊してしまったら そこに集まっている生物の命も失ってしまう。地球は人間の思いどうりにはいかない
  • 森は海へつながっている だから森をこわさないでネ!
  • 「緑の森」「青い海」をなくさないで !! 我が故郷をこわさないで!!
  • 美しい自然が壊されるのはつらい 人の心も壊していくこの日本

■基地と自然破壊

  • 沖縄へ行ってみたい! 自然を守りたい 何のために基地があるの?
  • 沖縄に基地はにあわない!自然がよい。
  • 基地はいらない!!!
  • 沖縄の自然は本当にステキです! 沖縄に基地は似合わない。観光で充分幸せに生活できる!
  • 基地建設 絶対!反対します。
  • 沖縄だけに責任を押し付けてはいけないと思う
  • チョウチョ大好き オスプレイ嫌い!
  • オスプレイに 大好きな昆虫を殺させないで!
  • 返還後の沖縄への 米軍基地押しつけにびっくり。
  • 基地があると 逆に危険になると思う。
  • 沖縄に生まれ21年間住んでいましたけど、はずかしい話、この辺野古、高江の森へ行ったことなし。俺も沖縄人です。あまりにも基地が多過ぎる 何とかして<叫んでいます>
  • オキナワ(沖縄)はまだまだ戦後ではなく、戦中なんだと思います。とても美しい島です。未来、後生にそのままの姿を残したい。米軍基地はいらない!!

■怒りと願い

  • きれいな地球 沖縄の海をよごさないでほしい! 人の心をふみにじり 生き物たちの命をうばう米軍がにくい。もっと平和であってほしい。地球上の全ての生き物にとって。
  • 何万年という地球の生命の営みの中で作られた自然の大切さ、貴重さ、それを基地なんぞで破壊する人間のおろかさ、許されないことです。人類の犯す大きな罪です。許せない!
  • 海の自然、沖縄 この美しい自然を人間が壊す。こんな事があっていいはずはない。日本の首相はいとも簡単にアメリカの言いなり、許されるものではない、何度でも基地は反対です。
  • 私は一度も日本の土地でも沖縄に行った事がありません。でもこの美しい海をなくすことはゆるせません。アベさんもゆるせません、アベさんやめて下さい。
  • アベはこのことを 知ってるのか!
  • 自然破壊に率先して力を貸す政治家は恥を知るべき
  • 国民がもっと沖縄の事を知ってほしいです! 77才女性です
  • 宇宙レベルで全てを見わたすことでしょう。私たちは何を残せるか
  • あえて 何も言いません but みんな仲よく人間どうし
  • 沖縄の方たちも それ以外の方たちも 仲良く生活できたらいいですね。

■これから

  • 生きとし生けるものの命と人間を守ることと 戦争のための基地建設に反対することは同義です。すばらしい自然をいつまでも…
  • 辺野古の海を守るため沖縄では連日すわりこみ行動をしています。今年はまだ行けませんが、秋には、と思います。共謀罪法がとおり、ますます暴力的な弾圧が予想されます。写真展ありがとうございます。
  • 生き物がゆるやかに生きている写真展をありがとうございます。自然の恩恵のもとで、今あることを感謝しています。が、中には権力の名のもとに環境破壊を続け、地球破壊にまで及ぼす輩がいます。今、人間の傲慢を感じ、涙してします。心ある人々と力を合わせて、生物の命を、共存共栄の世界をまもりたいと思います。

以 上

2017.07.10(文責:写真展実行委員会)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です