所沢米軍通信基地ウオッチの集いの報告

 この日、清瀬からは14名が参加。所沢平和委員会の石田名誉顧問(89歳)や、大山さん、石川さんのガイドで通信基地を見学。通信基地だけではない、日本初の飛行場で元陸軍の飛行場跡、そして防衛医科大学校病院、米軍通信基地と歩くと、所沢が古くから軍都であったことを実感できました。そして通信基地。その広大さと、今も膨大な税金をつぎ込んで基地強化工事が続いていると知って驚きました。
「ここに比べれば、大和田通信基地(東京ドーム22個分の敷地)なんてちっぽけなもんだなぁ。」と、思わず呟いてしましました。(有原)

 米軍通信基地周辺の防衛医大病院と大学校、かつて基地で返還された7割の公共施設を巡りながら問題の基地へ。
未返還3割の通信基地!東西連絡道路の建設を前に基地内の施設移動と懸念される基地機能強化⁉︎
動く目線の高さで実態を測る事はなかなか難しい!が、着々と進む現状を鵜呑みに見過ごす訳にはいかないだろう‼️
東西連絡道路も市民要求で勝ち取った一部返還にほかならない!。約2時間 6km⁉︎歩きました‼️
後の交流会 「むらやま」で。交流会では大和田、所沢の次は?横田基地でしょっ❣️(๑˃̵ᴗ˂̵)(大場)

 市のど真中にどっかと居座り続ける広大な米軍通信基地の全面返還運動の飛躍的強化が求められていることを実感させられた。清瀬市と新座市にまたがる米軍大和田通信基地と結ぶ所沢通信基地は横田の米軍基地と直結し、アメリカの世界核戦略の重要な一端を担っている。「基地全面返還は市民の願い」、これは所沢市が全市あげての返還運動で採択・決定したスローガンである。今こそこの市民の願いの実現に向けて広く、大きくとり組みを広げ、強めていく時である。
同時に、隣接する「防衛医科大学校」についても市民の監視がより強く求められよう。(安東)

フェイスブックに投稿されたコメントや写真を使わせていただいてます。
有原さん、安東様、大場様、素早い報告ありがとうございます。

「子どもの未来フェスタinきよせ」に来てね!

子どもたちのいのちが輝く清瀬にしましょうよ!
右からも左からも大人も子どもも寄っといで!
一緒に歩こう、一緒に遊ぼう!待ってるよ!
主催:子どもの未来フェスタinきよせ実行委員会

2018年4月22日(日)
午前
アピールウオーク  10時清瀬市役所集合10時半出発
コース:市役所~けやき通り~西友横~新小金井街道~第10小前~ころぽっくるセンター
参加者みんなで交流します。
午後
子どもと一緒に楽しもう!
アニメーション「くもとちゅうりっぷ」「つるにのって」「戦争のつくり方」
爆笑ライブ「縄文人」=替え歌芸人 たとえば♪カニじゃないのよタラバは♪
            縄文人の歌を聴くと賢くなれるかも?

子どもの未来フェスタin清瀬

安倍9条改憲NO!3000万署名とこれからの行動予定。

安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名
http://kaikenno.com/?p=255

これからの予定
12月25日(月)18:00-事務局会議 平労会館
             3000万署名を清瀬で2万筆集めるための相談確認

2018年
1月20日(土)10:00-11:00旭が丘にて宣伝行動と署名集め
           集合→9:45 旭が丘バス停
           13:30-事務局会議 平労会館
1月28日(日)0:30-市民連合きよせ新年会 平労会館
               詳細はのちほど。予定空けておいてください。
2月24日(土)午後 映画「思いやりパート2」上映 コロポックルホール

http://www.jicl.jp/hitokoto/backnumber/20170717.html

清瀬市の非核宣言

ふと、清瀬市の非核宣言を読み直しています。

非核清瀬市宣言

以下、清瀬市のホームページから、その英語版を含め、引用します。

非核清瀬市宣言

世界の恒久平和は、人類共通の願いである。
我々は、世界で唯一の被爆国民として、被爆の恐ろしさ、被爆者の苦しみを、声を大にして全世界の人々に訴え、再び「広島」・「長崎」のあの惨禍を繰り返させてはならない。
我々は、非核三原則(造らず、持たず、持ち込ませず)が完全に守られることを願い、すべての核保有国に対し、核兵器の廃絶と軍縮を求め、いかなる国の、いかなる核兵器も、わが清瀬市内に配備・貯蔵することはもとより、配備訓練、空中輸送、核部隊の通過も許さない。
我々は、核攻撃の目標となるおそれのある施設の撤去に努め、いかなる理由があろうとも、新たに設けることを認めず、疑わしき施設の実態把握と公表に努めることを宣言する。

昭和57年9月29日
清瀬市議会

THE NON-NUCLEAR DECLARATION OF KIYOSE CITY

Eternal world peace is a desire common to all mankind.
As the only nation who has been atom-bombed, We must testify to the terror of the atomic bomb attack and the suffering of atomic bomb victims to the people all over the world in a loud voice,and we must not allow the terrible disasters in‘Hiroshima’and‘Nagasaki’to be repeated.
We wish for the complete observance of the three non-nuclear principles(not to manufacture,possess,or introduce nuclear weapons), demand the abolition of nuclear weapons and the disarmament of all nuclear powers,and we will never allow the deployment, training or air transport of any nuclear weapons of any country, or passage of any nuclear unit, let alon their deployment and storage in Kiyose City.
We declare that we will endeavor to remove the facilities likely to be a target of nuclear attack.And we will not allow such facilities to be built for any reason. Furthermore,we will investigate and make public the actual condition of the suspicious facilities.

September 29,1982
Kiyose City Council

実に素晴らしいです。オバマの空疎な(と私には思われる)「広島スピーチ」などよりも、誠実で簡潔な宣言であることに感動すら覚えます。

なによりも、きわめて具体的な宣言になっている点が、素晴らしさを際立たせています。日本国憲法がその第12条で、「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない」と、謳っているように、この『非核清瀬市宣言』もまた、市民の不断の努力によって実効性のあるものにし続けなければならないとの思いを新たにします。

(おさらい)過去の衆院選結果について考える

来るべき衆院選に向けて、以下、東京20区に絞って各種リソースを張ってゆきます。

● 2014 衆院選 読売新聞のサイト

● 2012 衆院選 読売新聞のサイト

● 2009 衆院選 読売新聞のサイト

たとえば、直近の2014年の衆院選の、東京20区の結果は以下のとおりでした。

得票数  (得票率)
110,273 (52.1%)  木原 誠二 (きはら せいじ) 自民
51,362  (24.3%)  竹田 光明 (たけだ みつあき)民主
49,902  (23.6%)  池田 真理子(いけだ まりこ) 共産

こうしてみると、東京20区は野党共闘が実現すれば充分に勝てる見込みのある選挙区だと見て取れるのではないでしょうか?
ただし、私が注目したいのは、ここには出て来ない数字、つまり有権者全体で見て、これら候補者の支持率はどうだったか、という点です。失礼ながら、どの候補者であれ、たいした数字にはならないはずです。
つまり「どうせ誰が議員になっても同じだ」「政治なんか関わりあうだけで胡散臭い、汚らわしい」という意識が潜在的に存在しているのではないか。
そこにリーチできないのなら、極端な話、仮に野党共闘で勝てたとしてもあまり意味のない(一過性の、結局は「お上」に頼るメンタリティから抜け出せない)ことだと、個人的には思っています。

*******************************

さて、以下は総務省のHPに載っている、過去の衆院選、参院選の投票率の推移です。

2012年の衆院選では59.32%、2014年の衆院選では実に52.66%という戦後最低の投票率でした。

そこで、東京20区の各市のホームページにて詳細を確認してみました。

清瀬市
東久留米市 ←東久留米市がアップしている資料に記載されているのですが、東京20区全体の投票総数220,555に対して無効投票数が9,018もあるなんて、凄いなあ…
東大和市 ←東大和市は投票所ごとの投票数の一覧までアップされていて素晴らしい。
東村山市
武蔵村山市

エッセンスだけを抜き出してみると、こんな感じになります。

       当日有権者数  投票者数  投票率
清瀬市     60,403    34,051   56.37%
東久留米市   94,954    52,330   55.11%
東大和市    69,422    37,875   54.56%
東村山市   123,486    68,525   55.49%
武蔵村山市   56,684    27,783   49.01%

東京20区の投票率としては54.47%となり、全体の52.66%と比べれば高いほうだと言えます。
それにしても、武蔵村山市の投票率は、かなり低いですね・・・。

さて、これらの数字に対して、少し違った切り口で可視化してみましょう。

●「名無しの権兵衛」方式による架空の得票結果
【東京20区の当日有権者数:404,949】
得票数  (得票率)
193,412 (47.76%)  名無 権兵衛(ななし ごんべえ)架空
110,273 (27.23%)  木原 誠二 (きはら せいじ) 自民
51,362  (12.68%)  竹田 光明 (たけだ みつあき)民主
49,902  (12.32%)  池田 真理子(いけだ まりこ) 共産

勿論、組織票も集められるに越したことは無いですが、極端な話、そんなの期待しなくても充分に勝てるような気がしないでしょうか?
むしろ、野田幹事長の民進党や連合の一部がどれほど組織票を持っているか知りませんが、彼らを嫌って余所へ逃げて行った票がどれくらいあるか、想像してみることが必要です。それらはきっと、苦労して辛うじて繋ぎ留められ得た以上の票数に違いないと、私は確信する者です。
一体、私たちは先の東京都知事選や、ついこの前の2016衆院補選の、特に東京10区での残念な結果を、どう反省できたというのでしょうか?

という発言はここでは不穏当なので削除しますが、しかし、野党に期待するのではなく「市民共闘」で勝つ、という選択肢もあることを、ここでは力説しておきたいと思います。

と同時に、47%もの民意が示されていないなか、27%の得票だけで議員が選出されているという現実にこそ、眼を向けるべきでしょう。

9月10日の会議で行われた現状分析を共有します

こんばんは。きよせ市民の会ホームページ担当のHです。

昨日の事務局会議では、出席者(十数名)の間で様々な意見交換が行われ、現在の情勢についても話し合うことが出来ました。
「現状分析」なんて悠長なことをしている場合じゃないでしょ? 2015年安保法案の強行採決から早くも一年が経とうとしていたり、高江ではヘリパッド建設阻止を巡って闘いの最中だというのに?
という見方もあるでしょうか、現状分析をして原因を探れば、どう対処することが有効か、という答えを見出せるやもしれません。

さて、意見交換で出てきたキーワードは次のとおりです。
北朝鮮の核実験。衆議院東京10区の補選。東京都知事選の反省。高江の機動隊員。定時制高校廃止と軍事研究が解禁される大学。原発と経済のこと。日本会議と日本人のメンタリティ。憲法のこと。
けっこうバラバラな話題に見えますが、みんな繋がっています。
(なお、以下は、あくまでも私なりの整理になりますこと、ご留意ください)

【核、原発、国際社会】

東日本大震災のとき、福島第一原発の事故により、危うく東北・関東周辺を含め人が住めない事態になりかねなかった2011年の人々の気持ちは限りなく原発ゼロに近かったはずですが、喉元すぎれば熱さを忘れる習性か、いまや原発推進の流れに様変わりしています。
電気は足りている、でも、経済を立て直すには原発も必要だ、という理屈であったり、あるいは、安全保障の要としていつでも核を保有できるようにしておくには原発を残しておかなければならない、という本音であったり、あるいは、一説にはウランビジネスで巨大な利権(ロスチャイルド系のリオ・ティント・ジンク社)が存在していて止められないのだ、とも言われています。
一番の理由は、判然としません。

国際情勢も同様です。先日の北朝鮮の核実験は、確かに日本にとっても脅威ですが、マスコミは号外を発行したり必要以上に危機感を煽っているように見えます。「北朝鮮は何を考えているか分からん、だから日本も自衛隊を軍隊化するとともに核武装して備える必要があるのだ」という方向へ世論を誘導するかのようです。
が、表向きには北朝鮮を非難するアメリカや中国も、もちろん核を保有しています。小学生には分かり易いそんな矛盾も大人になると分からなくなるようです。
国際社会も、あてにはならない。オバマ大統領も、広島では感動的なスピーチを行いましたが、行動が伴いませんし、例の「死神が空から降りてきた」というレトリックも戴けません。誰が、何のために落としたか、という点を誤魔化すのは良くありません。

私たちの住む清瀬市では、昭和57年に「非核清瀬市宣言」を行っています。

清瀬市ホームページ
http://city.kiyose.lg.jp/080/030/020/index.html

いま一度、この素晴らしい宣言の精神に立ち返り、市民レベルから今できることを模索したいと思うのです。

【安全保障問題、軍事産業、経済】

上述のように、原発は核開発のための技術や材料の保持という側面を持っています。そういう意味で、安全保障問題とも密接に繋がっています。経済も同様です。ここ1年ほどの流れとして、実質上の武器輸出が可能になるとともに、大学での軍事研究も解禁されようとしています。

京都新聞の社説
http://www.kyoto-np.co.jp/info/syasetsu/20160817_4.html

このように、いろんな物事は繋がっているわけですが、安倍政権はある意味、惚れ惚れするくらいそれらを上手く廻しているように見えます。もちろん、悪いほうに、ですが。
なり振り構ってなどいられない、人殺し戦争軍事産業であろうとも、この国の経済を立ち直らせることができれば、と必死なのです。背に腹は代えられない、と。
経済は大切です。しかし、国が破れては元も子もありません。しかも、放射能に汚染されてしまっては、山河すら残らないのです。

ですが、昨今の趨勢を見ると「やはりアメリカに守ってもらわないといけない、そのために沖縄には今後も犠牲になってもらおう」というに留まらず、「日本も自衛のための核保持を!」とさえ言い出すのは時間の問題と思われます。
”軍隊も核も持たず、では、北朝鮮のような「(アメリカ曰く)無頼テロ国家」に、どう対応するつもりだ?”
そこは充分に検討しなければなりませんが、すくなくとも現在のマッチョイズム的な対応では解決にならないことは、世界最強国であるはずのアメリカの9.11以降の現実を見れば明白なのではないでしょうか。

【日本会議と日本人のメンタリティ】

東日本大震災と福島第一原発で疲弊した日本。それゆえ、そこからなんとか抜け出そうと、経済ではアベノミクスというカンフル剤が打たれ続けていますが、正直、覚せい剤と同じで体はもうボロボロの状態にあると思われます。にもかかわらず、テレビでは寧ろ「こんなにすごいぞ日本人」のような興ざめな番組が増えています。

社会が悪化すればするほど「それは何々のせいだ」とする言説に、人々は惑わされます。昔は良かった、たとえばそれは家族制度がしっかりしていたからだ、という「古き良き日本」という幻想をネタに、日本会議等の政治団体は過去の悪癖を復活させようとしています。
それは、あからさまに言えば「女子供は黙ってろ!」という、おっさん的なメンタリティです。実際の「おっさん」にも多いと思いますが、女性の中にも、櫻井や高市、稲田や小池など、この手のメンタリティに溢れる女性が目立ちます。

いったい安倍政権の本質はどこにあるのでしょう。
たとえば、私のこの一文が私の独創ではないように、現政権の偏った復古主義は現政権の独創ではありません。仮に安倍総理が明日誰かと交代しても、悪しき復古主義への回帰は止まらないでしょう。何がそれを駆動しているのか、正しく分析して患部を摘出するしかないのです。難しいことですが。

【憲法改正】

自民党を含め、それらの復古主義的勢力は、どのような憲法改正を狙っているのでしょうか?
当初は第9条だと言われていました。しかし、現時点では、本命は「緊急事態条項」の追加にある、と言われています。これを手に入れられさえすれば、好き勝手できるだろう、と。あるいは、憲法第24条でしょうか? 現在の個人>家族>国家という優先度をひっくり返して、国家>家族>個人、というふうにすれば、昔のように日本は良くなる! と、日本会議系の人々は、本気で信じています。そして、それは残念ながら日本人の従来のメンタリティにも非常に親和的なのです。日本人は本質的に全体主義的な民族だと常々私は感じます。

ですので、これは個人的な意見ですが、ただ単に護憲を唱えても上述の「悪しき復古主義」には勝てません。
憲法改正に対しては、様々な意見があります。たとえば、

・日本は9条を文字通り実行し、その姿勢を国連で訴えるべきだ。(柄谷行人)
「憲法9条」を巡って 意義問い直す 柄谷行人の刺激的な議論
http://www.nishinippon.co.jp/feature/press_comment/article/255647

・国連憲章を基調とした「非戦」を貫くための新しい憲法9条案。(伊勢崎賢治)
伊勢崎賢治氏の考える「10年後の憲法9条」
http://blogos.com/article/179470/?p=2

などです。共通しているのは「条文と現実の乖離が甚だしい現状を何とかしなければ」という認識だと思います。
反対だけしていても、人は動かない。実現可能かつ真に魅力あるストーリーが、いま、必要なのです。

結論は、まだありません。

バングラデシュ人質テロ事件

当会のメンバー、齋藤さんがこちらのコメントで触れて
いるとおり、7月1日に起きたバングラデシュの人質事件、
日本人やイタリア人などを人質に取り、殺害するという凶行、
それは到底、許せないものです。
亡くなられた方々には、言葉もありません。
ただただ、ご冥福をお祈りするばかりです。

事件に関しては、いち早くISが犯行声明を出していますが、
その真偽については、まだ定かではないようです。
背後にISが存在しているか否かはともかく、犯人たちは何故
そのような残忍な行動に至ったのでしょうか。

報道によれば、武装集団がレストランを襲撃したとき、
銃声に交じって「私は日本人だ、撃たないで」という
声が聞こえたそうです。
従来の「日本人には危害は加えない」というイメージが逆に仇になった
とも言われていますが、中東やイスラーム世界に於いて日本に対する態度は
確実に変わってしまったのかもしれません。
それは、いつから? また、どうして?

インターネット上では、人々の意見が様々に飛び交っています。

・イラク戦争を支持した小泉政権こそ、日本人がテロに狙わられる端緒を開いた元凶
・集団的自衛権を行使できるようになった安保法制が、日本人に対するテロを呼び込んでいる
・イスラエルのネタニヤフに、テロとの戦いを安請け合いした安倍政権が招き寄せた災厄
・このまま日本は米国と共にイスラーム原理主義テロリズムとの戦いに突っ込んでいくのだろうか

世界は、そして日本は、いったいどこへ向かおうとしているのか。
この事件は、それを如実に物語っているように思えます。

昨年、2015年には後藤健二さん殺害事件がありました。
また、安田純平さんは現在もまだ人質に取られたままの状態にあります。

きよせ市民の会は、当サイトに掲げた「会の声明文」
ありますとおり、安保法制に反対を唱える立場です。
安保法制の是非を、いま一度、見直すためにも、
今回の事件は、冷静に、その背景から根本的に
考え抜かなければなりません。

すくなくとも、自衛隊や国防軍ではテロは防げず、
それらはむしろ憎しみを増幅させるものでしかない、
と、それだけは明確に言えるのではないでしょうか?
後世から見て、あの事件がターニングポイントだった、
と、ならないように。
そう、願わずには居られません。

いちよ・たかこ・やぎりんトリオのライヴを聴いてきました。

4月16日(土)午後2:00~於:立川市女性総合センター

休憩10分を挟んで2時間があっという間に過ぎました。有働さんが絶賛していたとおりです。
古山さんと二人で大満足で帰ってきました。きよせ市民の会のイベントとして相応しい演者です。
やぎりんさんの控えめなトークであとの二人の女性が輝きます。
いちよさんの抑えた歌い方、なかなか魅力的です。元タカラジェンヌです。いい声。
たかこさんが奏でるハープの音色は優雅だったり力強かったり、軽快だったり・・
ハープ演奏はいつ見ても絵になりますね。3人ともビジュアル的にもとても美しい。
5月31日の清瀬でのライブが待ち遠しいです。
499円のチケット、自信を持って売りましょう。松元ヒロさんのトークもついてくるなんて絶対見逃せない!
↓ちょっと古い動画ですが・・
今はいちよさんが加わって3人で活躍してらっしゃるようです。3人がそれぞれチャーミング!!
たかこ・やぎりんデュオの動画

座間宮ガレイさん〜激おこ!選挙勉強会 in 北多摩〜

イベントカレンダーのほうでも案内させてもらっていますが、

おしえて!座間宮ガレイさん
〜激おこ!選挙勉強会 in 北多摩〜

は、当会の主催じゃないんですが、イチオシのイベントです!
(場所も、清瀬からそう遠くありませんし、皆さま、是非)

詳しくはこちら

【日 時】
2016年4月1日(金)18:30〜21:30

【場 所】
東村山市市民ステーション サンパルネ2Fコンベンションホール
(西武新宿/国分寺線・東村山駅西口より直通・徒歩1分)

【開 場】18:00

【定 員】170名

【資料代】1,000円(ただし20歳以下は200円)

【主催】つながる選挙・つなせん北多摩